遺書

                 1936年3月11日生
                 1992年3月11日〜  松下昇 (印影)

1.死亡の時間を延長する措置は不要。
2.死亡の通知はどこへも不要。風のたよりに任せる。
3.死亡診断書を添えて火葬の手続きをし、死亡の場にいる任意の者が実行する。
4.密葬〜公葬を含めて全ての葬儀はしない。
5.遺骨は墓地に埋葬しない。一部を希望者の保管に任せる他は廃棄〜散布自由。なお、 未宇の眠る{B109}には野草以外のものは不要。任意の人の散歩の場所にする。
6.遺品は私の文書および口頭による指定のある場合を除いて譲渡、複写、刊行はせず、 基本的に廃棄してよい。